るるぶ横浜 中華街 みなとみらい’12~’13

2012年1月27日発行「るるぶ横浜 中華街 みなとみらい’12~’13」

るるぶ情報版・関東シリーズの「横浜」を一冊担当。制作にあたり、リサーチから企画提案、取材・撮影、一部社内デザイン、校正までトータルで行っています(制作期間約4ヶ月)。

本誌は、横浜エリアを中華街、みなとみらい、山下公園・大さん橋、山手・元町、横浜駅周辺、レトロタウン、郊外と7つのエリアに細分化し、約154ページ(別冊22ページ含む)、約450物件の紹介となっています。NEWオープンの藤子・F・不二雄ミュージアムやカップヌードルミュージアムをはじめ、定番グルメからファッションまで網羅的に紹介しています。また、社内デザイン分では本誌のテイストに沿うよう、写真をふんだんに使用し、全誌面を通してブレの無い誌面制作を心がけ、社内カメラマンは、横浜らしいイメージカット、シズる感あふれる料理写真、現地モデル撮影など、幅広い撮影を担当。社内に編集、デザイナー、カメラマンが揃う弊社の強みを存分に発揮しました。

ターゲットが20代前半の女性であるため、グルメやファッションの紹介が中心となっていますが、横浜の有する歴史的観念「古きよきものも保持しつつ、新しい文化を受け入れ発展していく」そんな土地柄も意識し、多彩な角度からみえる「横浜らしさ」が詰まったガイドブックとなっています。

◆名称 るるぶ横浜 中華街 みなとみらい’12~’13
◆発行 JTBパブリッシング